こんにちは。
WOMマーケティング協議会設立準備会世話人の細川一成です。

2009年2月26日に「第9回WOMマーケティング研究会」が開催されました。

研究会は、東銀座のアサツー ディ・ケイ本社会議室に、約100名の参加者を集めて行われました。
当初、定員70名ということで考えていたのですが、より大きな会場を借りることができたため、これだけの方に参加していただけることになりました。
参加していただいた方、ありがとうございます!

会では最初に、前回と同じく、世話人の太田滋さん(ビルコム)から、設立準備会発足の経緯と今後の予定についてのプレゼンテーションのあと、森永真弓さん(博報堂DYメディアパートナーズ)が、第8回で行われたワークショップの総括を行い、今回の2大プログラムのひとつである、プレゼンテーションへ。

プレゼンテーションパートでは、「ブログマーケティングの現場から課題と理想を考える」をテーマに、藤代裕之さん(NTTレゾナント)の司会で、郭翔愛さん(トレンダーズ)、宮崎聡さん(サイバー・バズ)からのプレゼンテーションが行われました。
ここでは、「ペイパーポスト」を含むブログマーケティングのホットな話題について触れられました。
プレゼンテーション後の藤代さん、郭さん、宮崎さん、そして会場参加者からによるディスカッションでは、非常に繊細な問題にまで踏み込んだ議論がされました。

そして、もうひとつのプログラム、メインパートのワークショップでは再登場の森永真弓さん(博報堂DYメディアパートナーズ)の進行のもと、全参加者がグループに分かれ、ブログマーケティングの白黒の境界線を議論し、検討していく、というワークが行われました。
こちらはグループごとにブログマーケティングを、樹形図の形で分類し、その上で倫理的にOKか、NGか?という内容だったのですが、前回同様、白熱した議論が展開され、非常に実のある内容になったと思います。

メインパートのワークショップで各グループが作成した樹形図シートは、後日、こちらにアップロードさせていただきます。

最後は広い会場いっぱいに熱気が広がるほどのアツい研究会になりました。
参加くださった皆さん、おつかれさまでした!

WOMJAPANとは

WOMマーケティング協議会(英語表記:The Word of Mouth Japan Marketing Association 略称:WOMJ)は、注目を集めながらいまだ市場として確立しておらず、業界内の情報共有の場に乏しいという日本のWOMマーケティングの現状認識のもと、2009年(平成21年)7月、WOMマーケティング業界の健全なる育成と啓発に寄与するため発足いたしました。

WOMマーケティングに関わるすべての法人と個人が集まり、WOMマーケティングについて調査、研究、協議を積み重ねることで、市場の健全な発展を目指してまいります。